シンガーソングライター、城領明子の日々。
2015/07/03(金)「どこ吹く風。vol,4」 at チキンジョージを終えて。



どうもです。

城領明子です。

やっと頭が正常に働いてきました。

二日前になりますが、「どこ吹く風。vol,4」 at チキンジョージをついに終えました。

この日まで毎日毎日、このワンマンのことばかりを考えていました。
頭から離れず、お腹まで壊したり(笑)

MCでも言いましたが、全てが思いつき。
私はいつもそう。

そして、このチキンジョージもそうでした。

「どこ吹く風。」も、もうそろそろチャレンジしても良いのではないか、と思い
私がずっと憧れていた場所の一つでもあるチキンジョージでやることに。

私は目の前に、ずっと人参ぶら下げとかな走られない馬のような性格で
何か少しでも大きな目標を自分に課せていないと頑張れない。

それはいつも、今の自分では越えられない壁くらいのモノで
その課程で、色々クリアしていかないとしないと乗り越えることの出来ない壁高さで
でも、いつも決めたときにはドキドキして、ワクワクして、やる気もエネルギーも満タン。

そして日が経つほどに思うように前には進まず、焦って、イライラして、不安になる。

正直、集客面に関して一番考えたりしました。

時には、必死になってお客さんを呼んでも、この人数しか呼べないのに
何を「チキンジョージでワンマン!!」とか言うてんねん、とか思いました。
そんな実力もないのに身の程を知らんとあかんのちゃうんかと。

このサイクルもいつだって同じように繰り返しているのに
それでも自分に大きな課題を課せる。

それはやっぱり、あの瞬間のため。

そしてまた今、少しずつ見え始めた明日からの目標のため。

一番最初にステージに上がったとき
沢山のお客さんの声援に、胸が熱くなりました。
最後までやりきって本当によかったと思いました。

思えば沢山の方々の力を借りてここまできた。
自分だけの力ではないと思う。

感謝したい人は沢山いて、ここに名前を挙げるときりがないから
またちゃんと結果で返していきたいと思っています。

今回はベース、ギター、との3ピース編成での演奏が主体でした。

この形態は、実は私がバンドをはじめて組んだときと同じ。
私の原点です。

その時からずっと私を後ろから支えてくれていたボンちゃんが
今回もベースを弾いてくれました。

今や超売れっ子のボンちゃんに、私はいつも無理難題をいって
困らせています。昔からずっと。
それでも私を理解し、今でもライブ中に同じ所でキター!!ってなるなんて
なんか。。。これってもう。。(笑)

なんせ、ほんとこれからもよろしくお願いしまくります。

そしてドラムはもう皆さんもご存じ、レコーディングエンジニアさんが本業なんですが
最近ではどっちが本業かわからなくなってきている北畑さん。

北畑さんのドラムが私は好きなんです。
ワクワクするから。
ビックリするから。
そして何より、私の中の「上手い」とは、こういう事だからです。

いつもいつも本当に沢山の練習に付き合ってくれて
レコーディングまで。。。

もう頭が上がりません。(あげてるけど)

北畑さん、いつもありがとう。

そして、今回はゲストで二曲歌ってくれた「カサスリム」
彼とは去年から始まった「命の渚コンサート」で知り合い、
最近はよく一緒にライブさせていただいたりしています。
かさやんも本当に素敵な歌をみんなに聴かせていただきました。
かさやん、これからもよろしくお願いいたします。

そしてそして、PAをしてくれたふくちゃん、録音をしてくれた今川さん。
本当に素敵な音をみんなに聞かせてくれた。
心からありがとうございます。

書き出すともう色々思い出してきて、書ききれないから
もうこれは青春の一ページとして、思い出に収納します。

そしてまた明日から新たな目標に向かって、でーっかい壁を建築中。

もうだいたいプランは立っています。

下半期も私はしっかりやらかしていきます。

あっと言わせたるから。

みんな、楽しみにしておいて下さい。

チキンジョージで解禁した情報二件に関しては、明日また改めてここでも発表します。

最後に、
本当に、本当に、ありがとうを、みなさんに。心から。

今後もよろしくお願いいたします。

城領明子













phot by Maco.j

















 
ライブレポート comments(0) trackbacks(0)
スポンサーサイト
- - -
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: http://joryo-akiko.jugem.jp/trackback/284
<< NEW | TOP | OLD>>